otohumming


by otohumming

マンマミーア

f0062382_2023985.jpg

先週末は親戚のオトコノコの結婚式に急遽参加。
父母の送迎係の私は人前式というので覗いて帰るつもりだった。
欠席のオトコノコがでたらしく伯父さん夫婦に
「料理食べて帰りんさい。」
と言われどこの席かなーと思ったら
1番前のテーブルを男子6人+女子1人となった。
途中友人のスピーチやビデオ放映で
オトコノコ達みんなが感動で涙。
私も感激でポロポロ。

それにしても違和感。
同情して皆さんがいろいろ話をふってくれたものの
うまく噛み合ない。

でも料理がおいしくてムシャムシャほうばる。
でも左隣の人はお酒ばかり飲んで全くと言っていい程どの料理も手をつけない。
「食べないんですか?おいしいですよ」
「よかったらどうぞ食べて下さい。どうぞどうぞ」
おいしい料理で食べたいのも山々。

でもオンナノコが隣のオトコノコの分まで食べちゃうのは気が引けちゃう。
女の子が給食横取りみたいでそしてタダ食い2人前はまずいだろー。
これ好物ー☆めちゃウマー♪もう1つおかわり!と思う気持ちを押さえながら
横目でチラチラ気になってしまう。
ほんと食べたのは前菜を少々くらいあとは全く食べない兄やん。
おいしいのにー。ぶつぶつ。

「このお肉すごくおいしいですよー」
と言ったのもつかの間
(ニンニクが効いててすごく柔らかくて湯葉に包んであってすごくおいしい!)
「さっきからニンニクの匂いがプンプンしてダメなんです」
ヒー。そうでしたかー。

結局ちびっ子達は兄やんからおいしいデザートを貰いホクホク。
亀田興毅似の兄やんとは
結局最後まで噛み合ないまま終了したのであった。
[PR]
by otohumming | 2006-08-01 20:37 | memo