otohumming


by otohumming

カウントダウン あと1days

ついに、ついにこの日が来ちゃいますよー!

なんざんしょ、このモヤッと感。
なんざんしょ、このムラッと感。
地元でPlayなんて今でも信じられません。
あのお方様がーー・・・。
いろんな想いがごちゃ混ぜです。
当日はもうジタバタヒヤヒヤしまくりであっという間に終了のような気がします。

あのとき会話した鳥取話きっともう忘れてるだろうなー。

最高の1日になりますように☆

f0062382_1165455.jpg= TAKKYU ISHINO PROFILE =
1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成した中心人物。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリースし、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行いはじめ、1998年にはベルリンで行われるテクノ最大の野外フェスティバル"Love Parade"のFinal Gatheringで100万人の前でプレイするという偉業を成し遂げる。また、ドイツ・テクノシーンの重鎮、WestBamとユニット"TakBam"での活動など、海外のアーティストとのコラボレーションも盛んに行っている。同年にレーベル"Loopa Recordings"を設立。1999年からは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主催し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2002年は、2002 FIFA World Cup TMの公式アンセム(ヴァンゲリス作)のリミックスや、シティボーイズのライヴ『パパ・センプリチータ』の音楽プロデュースを手掛ける。2003年には渋谷のクラブWOMBにてレジデントDJを務めるレギュラーパーティー"STERNE"でライヴレコーディングされたDJ MIX CD『IN THE BOX〜Live at WOMB Tokyo〜』をリリース。同時期にインディーズレーベル"PLATIK"を設立。2004年3月に約3年振りとなるニューアルバム『TITLE♯1』、4月には『TITLE♯2+♯3』と2ヶ月連続で2枚のアルバムをリリース。この3作をまとめた海外編集盤『TITLES』は、ヨーロッパ各国をはじめ、韓国、台湾、マレーシアなどのアジア各国でもリリースされた。2005年12月には4枚目となるDJ MIX CD『A PACK TO THE FUTURE』をリリース。2006年はTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシと新ユニット"InK(インク)"を結成し、4月26日にオリジナルフルアルバム『C-46』(キューンレコード)をリリースした。
URL:http://www.takkyuishino.com/

f0062382_1181283.jpg= DJ Dora PROFILE =
DJ、プロデューサー。2003年女性アーティスト推進を目的とした「FAMFATAL」を立ち上げる。FAMFATALでは主宰を務めるだけではなくDJ、企画・運営、マネージメントと全てを一人で監修する凄腕プロデューサー。その裁量が見込まれ、2004年から毎年韓国へFAMFATALがパーティごと招待されており、DJ・VJ・ダンサーと選抜メンバー約10人を引き連れ1000人以上の前で遂行、他国で開催されたとは思えぬ堂々たるパーティを披露。今年5月にはFAMFATALアジアツアーと題し約二週間をかけ韓国3公演、タイ・バンコク、上海に招待され、更に大阪でMissKittinを向かえツアーファイナルを企画。大阪では老舗UNDERLOUNGEにてレギュラーパーティとしてFAMFATALを毎月にわたりプロデュース、世界のトップ女性DJ・アーティストと言われている面々、MonikaKruse、EllenAllien、MissYetti、ChickOnSpeed、MissKittin等を次々に招集、フロアには沢山の花が飾られポールダンサーや火炎放射のパフォーマンスを取り込むなど斬新なアイディアが多々盛り込まれたパーティは毎月満員御礼である。自身もメインDJとして活躍、図太い変則系の重低音テクノからメロディアスなハウスまで幅広くプレイ。電気グルーヴ石野卓球のツアーでは2年連続大阪で共にプレイ、その他海外ビックアーティストが来日する際のサポートDJとして数多くの経験、CarlCox、JoshWink、SCAN X、Thomas Shumacher等数え切れない。関西だけではなく各地方にもゲストとして頻繁に招待されており、毎年のように召喚される地域もある程、確実なプレイに虜になったファンは多い。DJ活動はFAMFATALでの海外進出以外にも、マレーシアへツアーとしてMAYURIと参加、また最近では単独で香港に招待されるなどアジアを中心に海外へも着実に足が伸びている。
URL:http://www.famfatal.com/
[PR]
by otohumming | 2006-10-26 01:20 | music