otohumming


by otohumming

カテゴリ:music( 6 )

ビバ ビーチ カモーン

f0062382_9474971.jpg

f0062382_953191.jpg

f0062382_9481923.jpg

終了しましたーー毎年恒例のSAN IN BEACH PARTY☆
写真だけでは想像つかないと思いますが
夜になるとものすんごいたくさんの人達大集合。
外国人8:日本人2くらいでしょうかーー。地元人は何処へ・・・
バンドありーのDJありーの3日間
2日行ってきましたが今年のメインゲストは 『DJ KAORI』
それはもう熱風がすごくてすごくて・・・
ヒップホップは無縁の私ではありますが
ある意味よい体験おもしろ発見して参りました。
オッオーオッオーオオーオオー・・・・

毎年恒例海辺ではテントはったりしてもう海岸の端から囲んでる端まで
テントの道が・・・・ずらーーっとそれはそれはすごかったです。
外国人の人達はやっぱり海辺での遊びが違いますねーー。
なぜかみんな大勢でカポエラ・・・・・みんなでフットボール・・・・・

ステージが2つあってメインとサブ。サブは小さいながらに雰囲気的にもよかったです。
すごいよSHARKいいもん持ってるねえ。
音も包み込まれていい感じ。
天候もよくて友人コックさんの塩ホルソバがめちゃおいしくて2日で同じものを
大量に食べても今日になっても食べたい病になるのでありました。
[PR]
by otohumming | 2007-07-09 10:22 | music

ダイブしちゃって

明日はいよいよ『TEKDIVE』の日☆
久々にどっぷりひたってはまってきます。
それにしてもみんなの顔そっくりーー。さすがラン氏!

f0062382_12134711.jpg

[TEKDIVE]
2007/5/19 sat. 22:00-
@DNA

DJ's:
TDK, MAKO, HAMAGUCHI, SHINJIROH

CHARGE:
2,000yen (with flyer 1,500yen) 1DRINK
WEAR A TEKDIVE T-SHIRT FREE!!! (NO DRINK)

なんとも今回はRUNNINGHIGH(R)制作による「TEKDIVE Tシャツ」を着ていくと
入場無料になっちゃうんだよねん。
はいっ!持ってまーす☆
いてきまーす
RUNNINGHIGH(R)氏のサイトはコチラ☆音注意です。
http://www.runninghigh.net/
[PR]
by otohumming | 2007-05-18 13:20 | music

[DNA SPECIAL EVENT]

f0062382_13351948.jpg

松江の『スコヴィル』から帰還してまいりました。
めちゃスコヴィル!!でした。
合い言葉はカラーイカラーイです!!
週末も鳥取は熱いです!!!カラすぎます!!
どんなことになるやら、楽しみ楽しみ!!

いよいよBRYAN COX氏が来日です♪
鳥取〜東京〜大阪の3カ所限定JAPNツアーってどんなのだよーーって
つっこみたくなりますが
しょっぱな『鳥取』いきまっせーーーー!!
是非楽しんで帰って行ってほしいです。
興味のある方、行こうか迷っている方是非是非お越し下さいマセ〜♪

[DNA SPECIAL EVENT]
2007/4/29 sun. 21:30-
@DNA

SPECIAL GUEST DJ:
BRYAN COX(Elixir/Weapon Records) -USA-
http://www.bryan-cox.com/
※オフィシャルサイトの日程は間違いです。

GUEST DJ;
DJ SHINE(CYDER RECORDS/FIESTA de CALLING) -OSAKA-
MONKEY -OSAKA-

DJ's:
Choco(TEKDIVE)
BUTCH(Ster Shelter)

CHARGE:
ADV 2,800yen(1drink)
DOOR 3,500yen(1drink)
※21:30から23:00の間に入場すると「2drink」になります

=TOTAL INFO=
club DNA
TEL:0857-22-7005
MOBILE:090-7592-9696
MAIL:clubdna@gmail.com

= チケット取扱店 =
◇club DNA:090-7592-9696
◇VELMAN COSMETICS:0857-29-9693
◇OUTWIT:0857-29-7233
◇VIVA SHIVA:0857-21-1792

f0062382_13393843.jpg
= BRYAN COX PROFILE =
Bryan Coxは常に世界中のレコードショップでトップセールスを記録するアーティストの一人である。現在までにEntertainment WeeklyやURB Magazineなどの雑誌「Queer as Folk」などのテレビショー、およびロンドンのBBC Radio OneやニューヨークのWKUなどのブロードキャスト放送で特集され、またTop DJである。DJ DanやDonald GlaudeなどのMix CDにも彼の楽曲が使用されている。また、Joey BeltramやHertz, Ferry Corstenなども常に彼をサポートしている。彼のほぼ全ての楽曲がDance Records.comチャートのナンバーワンを獲得し、現在までにアメリカ合衆国、南米、ヨーロッパ、カナダ、およびメキシコをツアーし世界中のトップクラブでプレイ。彼のスタイルはbangin' techno, sick electro, funky houseを得意とし、グルーヴィーなベースライン、フィルターディスコファンクはパンチの効いたテクノパーカッションとミックスされ、常にピークタイムを演出している。今春に自身の楽曲のみをmixした2枚組MIX CD【MOTIVE】をリリースし、それを皮切りに今年も世界中のいろんなフェスティバルからオファーが決定しており、今後も注目のアーティストである。
URL:http://www.bryan-cox.com/
f0062382_16191963.jpg
3turntable+smapler+scratchを操りながらも太陽の暖かさを表現する情熱的なplay style。常に進化し続ける音楽シーンに異端的な一石を投じるそのmix playは視覚・聴覚を刺激し遭遇する者の期待を決して裏切らない。またレコード専門店"CYDER RECORDS"を運営し、あらゆる人々との「掛け橋」となっている。DJ ShineはKo Kimura, 石野卓球, Darren Emerson, Bryan CoxなどトップDJのサポートや大阪Triangle, Saza*eでメインDJをする。
URL:http://www.cyder-osaka.net/
f0062382_16203470.jpg
= MONKEY PROFILE =
70's &80's DISCO, SOUL, FUNK, CLASSICでスタートして京都のバーとCafeのシーンでPLAYしてきた。2004年に大阪に移りいろんな人と音楽との出会いで音楽への愛着がいっそうたかまりそ彼の中に秘めているものインスピレーションが加速しはじめてさまざまな音楽を楽しみ吸収し彼の選曲がどんどん幅広く自由ときに大胆、ときにスムーズなミックスワークスキルと曲展開はたくさんの人から評価が高い。主にFunkyHouse, Progressive, Break Beats, Big Beats, Drum'n'Bass, Ragga, Jungle, Reggae, Latin, Ethnic & Tribalなどをスピン。Funkyでエナジーに満ちあふれた彼のキャラクターがそのまま音に反映しフロアにパワフルでフレッシュなGrooveが走り出す!
[PR]
by otohumming | 2007-04-25 13:42 | music

いよいよ来鳥

いよいよ 2/23(金) [Frank Muller a.k.a Beroshima Japan tour in tottori]開催です!
卓球氏の次はいよいよフランク ムラー氏来鳥です!
ついについにこの日が来ちゃいますよー!
ドイツのテクノDJでWIREにも何度も参加されています。
あああっ、緊張。また楽しい時間を満喫してきます。
お近くの方、遠方の方興味ある方は是非起こし下さいマセー。

f0062382_2142031.jpg


gravity. presents
[Frank Muller a.k.a Beroshima Japan tour in tottori]
2007/2/23 fri. 22:00-
@DNA

SPECIAL GUEST DJ:
Frank Muller a.k.a Beroshima
(Muller Records/ Beroshima Music) -Berlin-

DJ's:
Choco (TEKDIVE)
mako (TEKDIVE)
shinsuke nishimura (OM*LP)

VJ:
runninghigh
(http://www.runninghigh.net/)

CHARGE:
ADV 2,500yen(1drink)
DOOR 3,000yen(1drink)

= TOTAL INFO =
TEL:090-9730-7212
Mail:chatnoir510@yahoo.co.jp


f0062382_2433151.jpg


プロデューサー/DJ/LIVE P.A/レーベルオーナー
プロジェクト発足15年目を迎えるFRANK MULLER a.k.aBEROSHIMA.
90年代最初に始めたBeroshimaプロジェクトは自身のレーベル"Acid Orange"とともに始まる。当時まだ完全にアンダーグラウンドな音楽であった"Acid Orange"や"Beroshima"のスタイルはエクスペリメンタルな音楽の分野に挑戦し、次第に無秩序な音(Chaotic Tunes)として世界的に知られるようになった。96年には新たにMuller Recordsを設立。クールなベルリンのクラブサウンドとして始まり、ベルリンのテクノシーンの中で成功したレーベルとなった。Beroshima名義で2001年に発売された"the Pornography Of Performance"(P.O.P)はこれまでの成果が凝縮された傑作となり全世界で大ブレイク。また日本における人気は群を抜いており、WIREにも毎回常連として参加すると同時に、04年にはアルバム"The Catastrophe Ballet"を石野卓球のレーベルPlatikからリリース。ドイツと日本を拠点に精力的な活動を続けている。
URL:http://www.beroshima.com/
URL:http://www.muller-records.com/
[PR]
by otohumming | 2007-02-22 02:40 | music
明日はいよいよ『野本かりあ嬢』登場

カアリイ鳥取初参上ですっ☆
めっちゃお人形さんのようなその容姿端麗にあやかってきます♪

実はデビュー前から卓球氏も知ってる
かなりのテクノ好きなオンナノコらしいデス。
楽しみデス。

f0062382_722427.jpg
[Other Side Weekend]
2006/11/11 sat. 21:00-
@DNA

GUEST DJ:
野本かりあ(columbia*readymade)
グルーヴ・あんちゃん

DJ's:
KAOL, Choco

FEE:2,800yen(1drink)
DOOR:3,000yen(1drink)

= TOTAL INFO =
TEL:090-9730-7212
Mail:chatnoir510@yahoo.co.jp


f0062382_7292058.jpg
= 野本かりあ PROFILE =
愛称:カアリイ。2001年3月に発売された小西康陽プロデュースのゲームソフト『BEATMANIA』とそのサウンドトラックCD『THE SOUND OF TOKYO』でデビュー。ゲームとジャケットにフィーチャーされて話題に。以降、小西康陽プロデュースによりミニアルバム「the girl from R.E.A.D.Y.M.A.D.E.」、フルアルバム『カアリイ』をリリース。2005年には安野モヨコのアニメーション『シュガシュガルーン』の主題歌で話題となった。2006年1月に小西康陽主宰の新レーベルcolumbia*readymadeより「東京は夜の七時」が各サイトで配信され、iTunesMusicStoreのチャート4位に登場し注目を集める。2月から新宿OTOにてレギュラーDJパーティー "Zhiguli"がスタートし、初めて自ら「東京は夜の七時」のリミックスを手がけたりとDJ業も本格的に始動。新曲「瞳の中にミラーボール」「バブリイ」2曲が各サイトで好評配信中。話題となった「東京は夜の七時」は、配信中のリミックス?ヴァージョンやPVなどを収録したパッケージ(CD+DVD2枚組)として6/28に発売。エイジアエンジニアをフィーチャーした新曲「自由度。」が配信中。2007年1月にアルバムが発売される予定。
URL:http://www.columbia-readymade.com/

f0062382_731045.jpg
= グルーヴ・あんちゃん PROFILE =
関東と関西を中心に全国各地のイベントにもゲストDJとして呼ばれて、ハッピーでノリノリな選曲で多くのファンを持つ。ここ最近では韓国にDJ&LIVEで招かれたりとますます活躍の場を広げている。DJとしての活動はもとよりエクスクルーシブなラテンロックバンド、ザ・マンボのメンバーとしてミュージシャンとしても活躍中。また、グルーヴあんちゃん名義でゲーム音楽を制作。リミキサーとしてはCOSA NOSTRA、パンダとササノハ、pecombo、山口りえ等のリミックスワークなど。2006年秋にソロアルバム発売予定に加え、DJユースの7inch専門レーベル「unchantable record」を主催するなどその活躍に目が離せない。
URL:http://www.geocities.jp/dj_grooveunchant/
[PR]
by otohumming | 2006-11-10 07:39 | music
ついに、ついにこの日が来ちゃいますよー!

なんざんしょ、このモヤッと感。
なんざんしょ、このムラッと感。
地元でPlayなんて今でも信じられません。
あのお方様がーー・・・。
いろんな想いがごちゃ混ぜです。
当日はもうジタバタヒヤヒヤしまくりであっという間に終了のような気がします。

あのとき会話した鳥取話きっともう忘れてるだろうなー。

最高の1日になりますように☆

f0062382_1165455.jpg= TAKKYU ISHINO PROFILE =
1989年にピエール瀧らと"電気グルーヴ"を結成した中心人物。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリースし、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行いはじめ、1998年にはベルリンで行われるテクノ最大の野外フェスティバル"Love Parade"のFinal Gatheringで100万人の前でプレイするという偉業を成し遂げる。また、ドイツ・テクノシーンの重鎮、WestBamとユニット"TakBam"での活動など、海外のアーティストとのコラボレーションも盛んに行っている。同年にレーベル"Loopa Recordings"を設立。1999年からは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ"WIRE"を主催し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2002年は、2002 FIFA World Cup TMの公式アンセム(ヴァンゲリス作)のリミックスや、シティボーイズのライヴ『パパ・センプリチータ』の音楽プロデュースを手掛ける。2003年には渋谷のクラブWOMBにてレジデントDJを務めるレギュラーパーティー"STERNE"でライヴレコーディングされたDJ MIX CD『IN THE BOX〜Live at WOMB Tokyo〜』をリリース。同時期にインディーズレーベル"PLATIK"を設立。2004年3月に約3年振りとなるニューアルバム『TITLE♯1』、4月には『TITLE♯2+♯3』と2ヶ月連続で2枚のアルバムをリリース。この3作をまとめた海外編集盤『TITLES』は、ヨーロッパ各国をはじめ、韓国、台湾、マレーシアなどのアジア各国でもリリースされた。2005年12月には4枚目となるDJ MIX CD『A PACK TO THE FUTURE』をリリース。2006年はTOKYO No.1 SOUL SETの川辺ヒロシと新ユニット"InK(インク)"を結成し、4月26日にオリジナルフルアルバム『C-46』(キューンレコード)をリリースした。
URL:http://www.takkyuishino.com/

f0062382_1181283.jpg= DJ Dora PROFILE =
DJ、プロデューサー。2003年女性アーティスト推進を目的とした「FAMFATAL」を立ち上げる。FAMFATALでは主宰を務めるだけではなくDJ、企画・運営、マネージメントと全てを一人で監修する凄腕プロデューサー。その裁量が見込まれ、2004年から毎年韓国へFAMFATALがパーティごと招待されており、DJ・VJ・ダンサーと選抜メンバー約10人を引き連れ1000人以上の前で遂行、他国で開催されたとは思えぬ堂々たるパーティを披露。今年5月にはFAMFATALアジアツアーと題し約二週間をかけ韓国3公演、タイ・バンコク、上海に招待され、更に大阪でMissKittinを向かえツアーファイナルを企画。大阪では老舗UNDERLOUNGEにてレギュラーパーティとしてFAMFATALを毎月にわたりプロデュース、世界のトップ女性DJ・アーティストと言われている面々、MonikaKruse、EllenAllien、MissYetti、ChickOnSpeed、MissKittin等を次々に招集、フロアには沢山の花が飾られポールダンサーや火炎放射のパフォーマンスを取り込むなど斬新なアイディアが多々盛り込まれたパーティは毎月満員御礼である。自身もメインDJとして活躍、図太い変則系の重低音テクノからメロディアスなハウスまで幅広くプレイ。電気グルーヴ石野卓球のツアーでは2年連続大阪で共にプレイ、その他海外ビックアーティストが来日する際のサポートDJとして数多くの経験、CarlCox、JoshWink、SCAN X、Thomas Shumacher等数え切れない。関西だけではなく各地方にもゲストとして頻繁に招待されており、毎年のように召喚される地域もある程、確実なプレイに虜になったファンは多い。DJ活動はFAMFATALでの海外進出以外にも、マレーシアへツアーとしてMAYURIと参加、また最近では単独で香港に招待されるなどアジアを中心に海外へも着実に足が伸びている。
URL:http://www.famfatal.com/
[PR]
by otohumming | 2006-10-26 01:20 | music